来店予約

TOP > リングの選び方 > ダイヤモンド選びのポイント

ダイヤモンド選びのポイントThe point of selecting diamonds

ダイヤモンドのクオリティを
決める4つの基準

「Color (カラー)」、
「Clarity (クラリティ)」、
「Carat (カラット)」、
「Cut (カット)」。
ダイヤモンド選びは、世界基準であるこの「4C」のバランスを重視してください。

Colorカラー

明るく無色に近いほど希少性と価値が高くなります。無色透明のDカラーを最高とし、以降アルファベット順にE、F、G…と、Zに近づいていくほど黄色の色味が増し、価値が低くなっていきます。

DEF GHIJ KLM NOPQR STUVWXYZ
無色 ほぼ無色 わずかな黄色 薄い黄色 黄色
D無色
E
F
Gほぼ無色
H
I
J
Kわずかな黄色
L
M
N薄い黄色
O
P
Q
R黄色
S
T
U
V
W
X
Y
Z

Clarityクラリティ

内包物や傷を評価する基準で、それらが少ない程、きらめきが増します。最高評価はFL(Flawless:フローレス)で、内部も外部も欠陥や欠点のないダイヤモンドを示します。

FLFlawless(フローレス)石の内部、外部共に無欠陥・無欠点
IFInternally Flawless(インターナリーフローレス)石の内部に無欠陥・無欠点
VVS1Very Very Slightly Includedごくごく僅かな内包物1
VVS2Very Very Slightly Includedごくごく僅かな内包物2
VS1Very Slightly Includedごく僅かな内包物1
VS2Very Slightly Includedごく僅かな内包物2
SI1Slightly Included僅かな内包物1
SI2Slightly Included僅かな内包物2
FLFlawless(フローレス)
石の内部、外部共に無欠陥・無欠点
IFInternally Flawless(インターナリーフローレス)
石の内部に無欠陥・無欠点
VVS1Very Very Slightly Included
ごくごく僅かな内包物1
VVS2Very Very Slightly Included
ごくごく僅かな内包物2
VS1Very Slightly Included
ごく僅かな内包物1
VS2Very Slightly Included
ごく僅かな内包物2
SI1Slightly Included
僅かな内包物1
SI2Slightly Included
僅かな内包物2

Caratカラット

宝石の重さを表す単位です。“ct”と表記し、1ct が 0.2gに相当します。

0.15ct 0.20ct 0.25ct 0.30ct 0.50ct 0.75ct 1.00ct

Cutカット

ダイヤモンドの美しさを際立たせる「カット」は唯一、人の技術によって左右される領域です。プロポーション(カットの総合評価)、ポリッシュ(表面の研磨仕上げ状態)、シンメトリー(対称性)の3つから評価され、それぞれ「Excellent」を最高位とします。3つすべてが「Excellent」である3EX(Triple Excellent:トリプルエクセレント)は、究極のカットにあたります。

理想的なカット

理想的なカット

光の反射に無駄が無く、あらゆる角度からその美しさを確認できる。

良くないカット(サラ石)

良くないカット(サラ石)

浅くカットされた石は光を反射せずパビリオンから漏れ出てしまう。

良くないカット(ゴロ石)

良くないカット(ゴロ石)

厚すぎる石に入った光は不適当な角度で反射され上部に光が反射しない。

Triple Excellent (3EX)

ダイヤモンドのプロポーション(カットの総合評価)、ポリッシュ(表面の研磨仕上げ状態)、シンメトリー(対称性)の3つの評価すべて「Excellent」の究極のエクセレントカット。

Excellent

理想的なプロポーションと仕上げを備え、ダイヤモンド特有の美しさを発揮する。

Very Good

理想的なプロポーションに近く、ダイヤモンド特有の美しさを妨げることはほとんどない。

Good

ごく一般的に流通しているプロポーションを持ったもの。

3EX

pagetop