来店予約

TOP > リングの選び方 > 婚約指輪と結婚指輪の選び方

よくあるご質問Q & A

婚約指輪(エンゲージリング)と結婚指輪(マリッジリング)の違いは何ですか。

ブライダルジュエリーには、継承(家族のリング)と、契約(ふたりのためのリング)の2種類の役割があります。

婚約指輪(エンゲージリング)は、継承=家族のリング
婚約指輪(エンゲージリング)は、ダイヤモンドなどの宝石がセッティングされたリングです。こちらは継承の役割を持ちます。この世で唯一永遠のもの『宝石』に想いを託して伝えていきます。
今のご新郎様の想いをダイヤモンドに込めて、ご新婦様に渡し、これからおふたりの想いをかさねていきます。そしていつかおふたりの間に産まれるお子様へ、想い出とともに伝えていくものです。家族のリングとも言われます。

婚約指輪(エンゲージリング)ページヘ

結婚指輪(マリッジリングリング)は、契約=ふたりのためだけのリング
婚約指輪(エンゲージメントリング)が継承していくのに対し、結婚指輪(マリッジリングリング)はおふたりのためだけのリングです。
結婚式の時に神様の前で交換し、永遠の愛を誓います。
おふたりがこれからいろんな出来事を共有し、歳月を経て本当の夫婦となっていく際にいつもそばにあるリングです。

結婚指輪(マリッジリング)ページへ

ダイヤモンドの4Cとは、なんですか?

4Cとは、カラット(Carat)、カラー(Color)、クラリティ(clarity)、カット(Cut)の4つの頭文字をとって、4Cと呼ばれています。グレーディングレポート(鑑定書)に記載され、ダイヤモンドの特徴を表すものです。
カラット重量(ct)は、宝石の重さを表す単位で、1カラット(1ct)は0.2gです。

カラーは、ダイヤモンドの色を表します。無色透明をDカラーとし、以下E、F、G、H・・・と評価されています(だんだん黄色味を帯びてきます)。
クラリティは、透明度、キズ・不純物の状態を意味します。専門家が、10倍に拡大したルーペで検査し、インクルージョン(内包物)の有無、位置、大きさなどを判断して評価しています。クラリティの評価は、フローレス(FL)を最高に、IF、VVS1、VVS2、VS1、VS2、SI1、SI2、I1-I3まで11段階に分類されます。

カットは、ダイヤモンドのプロポーションとフィニッシュ(研磨の仕上げ)を基に総合的に評価されています。カットの評価は、EXCELLENT(エクセレント)、VERY GOOD(ベリーグッド),GOOD(グッド),FAIR(フェアー),POOR(プアー)の5段階に評価されます。

pagetop