Wish upon a starが出来るまで | 結婚指輪・婚約指輪の人気ブランド-フェスタリア ブライダル

Wish upon a starが出来るまで

Wish upon a star

きらめくカットの中に二つの美しい星を映し出す“Wish upon a star”。
熟練したマイスターの高度な技術が求められるオリジナルカットで、その難易度は、一般的なラウンド・ブリリアントカットの100倍、エクセレントカットの10倍と言われます。

通常のダイヤモンドと違って、“Wish upon a star”ダイヤモンドは10角形のテーブル面を有します。
この10角形のテーブル面の対称性を保ちながら、光の反射と分散をコントロールしてコントラストのある2つの星を浮かび上がらせるには、約10万通りある面の角度の組合せを考慮した研磨が必要です。ごく微細な違いでも、星は見えなくなってしまいます。

今日、一般的なカットのほとんどはコンピューター制御によるものですが、“Wish upon a star”は、マイスター達の手作業によってしか創ることができません。
満足のいかないダイヤモンドは一切合格としない(その割合は時に3割を超えます)。
厳しく高いレベルのチャレンジを続けています。

Key Concept of The Wish upon a star Diamond

すべては原石で決まる

完璧に美しく輝くダイヤモンドを生み出すために4Cよりも大切なこと。
“美しいダイヤモンドとして輝けるか”という運命は原石のときにすでに決まっているのです。

Wish upon a starの原石「ソーヤブル」(八面体)

The Control of Brightness and Lightness

光を支配した輝き

“Wish upon a star”ダイヤモンドの輝きは通常のダイヤモンドの特性である3つの輝きに加え、「2つの星を生み出す光と反射のコントラスト」を追求した特別なダイヤモンドです。

Through the Eyes of Craftsmen

「光を支配した輝き」を守るために

“Wish upon a star”ダイヤモンドはダイヤモンド鑑定のプロの目によって、海外・国内での厳格な品質チェックが行われています。

ご来店予約